2018年08月08日掲載

【レポート】 兵庫県ニート就労支援ネットワーク事業 自立就職支援セミナー 「社会へ踏み出したきっかけと道のり〜いま、ここから始めよう〜」

jiritsu3.jpg

7月31日(火)、まちづくり協働センター多目的ホールにて
自立就職支援セミナーを開催しましたかわいい


今回のセミナーでは、
サポステを利用して現在就労中のゲストスピーカーが、
相談をしようと思ったきっかけや、相談していく中で感じたこと、
プログラムを経験する中での気付きや、
考え方の変化などについて語りました。

jiritsu1.jpg

サポステを知る前は、
やりたい仕事を見つけようと一人で転職活動を頑張っていたのですが、
面接で嫌な思いをしたり、方向性に迷いを感じることが続くうち、
モチベーションがどんどん下がっていった、といいますバッド(下向き矢印)


周囲の人に相談しますが、
前の仕事を辞めたことを責められ
自分を否定されたように感じ、
誰にも相談できなくなったそうです。


そんな中、サポステとの出会いにより
話を聞いてくれる場所を見つけることが出来、
相談を重ねながらだんだん自分を客観的に見られるようになると
徐々に気持ちの面でも変化が表れてきたとのことでした。


それまでは、1年半のブランクがあることで
なかなか次の一歩を踏み出せない状態でしたが、
「思っただけでは何も始まらない。」
「失敗してもいいからやってみよう。」
「1回やってみて損はない。」
と、考えるようになったそうです。


そして、個別相談だけでなく、
同じ思いを持つ仲間と共に、就活を進めるプログラムや
面接セミナー等に積極的に参加。

さらに、アルバイトをしながら
新たなスキル取得のため訓練を受けることを決め、
自分に自信をつけるための行動を進めていきましたぴかぴか(新しい)


その中ではうまくいくことばかりではなく、
さまざまな模索があったようです。


そんな中でも、
「サポステでいろいろな方法を教えてもらいながら
前に進んでいった」と力強く語りました。



「何事もきっかけを作るのが大事であり、
 それはどこにあるか分からないので、
 そのきっかけを掴むために自分から動くことが大切。」
と、生き生きと話す姿が印象的でした。



参加者の方からは、
「自分から行動を起こさなければなにも変わらない、という
 話を聞いて勇気が出た。」

「実体験に基づいている分、重みのある話だった。」

動くということが重要だと思った。自分もいろいろ頑張ろうと思いました。



などの感想があり、
貴重な体験談が参加者の心に響いたようですぴかぴか(新しい)


その思いを次の行動につなげていけるよう、
サポステも全力で応援します!

jiritsu2.jpg

ちなみに、
「あなたにとってのターニングポイントは?」
という質問には、
「サポステに来たこと。」
と即答ひらめき

迷いなく話す姿からは、サポステを利用して良かった!という
強い思いが伝わってきました。



働くために一歩踏み出したいと思いつつ
なかなか行動にうつせない、という方は
『今』をきっかけに
まずはサポステに来てみませんか?グッド(上向き矢印)


さんだサポステでは、
来所しやすいきっかけとして、
毎月第2・第4木曜日の10:00〜12:00は
サポステの入り口を開放して
オープンサポステも行っていますかわいい


「前から気になっていたけど中に入る勇気がなくて・・・。」
という方もぜひ、気軽に立ち寄ってみてくださいね!



posted by さんだサポステ at 16:27 | ■セミナー・イベントReport